本文へスキップ

Official Guide

オフィシャルガイドの会

見出しHEADLINE


■ ガイドの予約はできますか?

イメージ

OKです。
予約にあたっては以下も参照して下さい。
[予約にあたってはここをクリック]


■ 一回りするのにどれくらいの時間?

イメージ

30分〜1時間半。廻りかたによって違ってきます。

詳細は以下を参照して下さい。
[標準的なガイドツアーのコースについてはここをクリック]


■ 百名城のスタンプはどこに?

イメージ

この城跡管理棟のひさしの下に置いてあります。
時間は、8:30−17:00 です。

また、ガイダンス施設にもおいてあります。


■ 本丸までどれくらいの時間?

イメージ

人によって違いますが30〜40分くらいです。
本丸(山頂)まではおおむね直登で比高差200mを登るためのご自分の体力、シューズ、ウエアなど、十分であるかなどを確認しましょう。
写真は、メインの登山道を登って9合目の表示を100mほど過ぎて左手に現れてくる、この近辺で一番のビュースポットから撮ったものです。


■ 本丸までガイドしてもらえますか?

イメージ

ボランティアガイドの基本は御主殿跡までのコースです。本丸までのガイドをお願いしても6割くらいのガイドは対象外というこで拒否します。
本丸まで案内してくれそうなガイドを選ぶのがコツです。
また、ガイドの側からもあなたがかかとのある靴を履いていないか、歩きはしっかりとしているかなどチェックをしています。それで我々がこの方は本丸コースは無理と判断したときはおことわりをします。


■ 天守閣は(どこに)あったんですか?

イメージ

八王子城は敵と戦うことを旨として創られた山城です。
聳え立つ天守閣はもともとありませんでした。
その根拠は1992-93年の発掘調査など数次におよぶ調査でも瓦が1枚も見つからなかったことです。


■ でもこのような表示がありますよ

イメージ

本丸下から馬冷やしを過ぎ詰の城へ向かうと確かにこの表示があります。
ですがここに天守閣があったわけではありません。東京都サイドが立てたものです。


■ 天守閣は復元しないんですか?

イメージ

その予定はありません。
戦国時代の城ではもともと天守閣はないんです。
ただひとつだけ例外があり織田信長の安土城です。
今、復元したり観光用にコンクリートで作っている城(天守閣)は江戸の初期に一斉に全国に作られた城をイメージしたものです。


■ 13年に出現した池遺構や三尊石組は公開しないんですか?

イメージ

残念ながらその予定はありません。
発掘された遺構を保護するために埋め戻されました。
私たちは生きている間に二度とこの遺構を目にすることはないはずです。


■ 氏照公の奥様は松姫ですか?

イメージ

そうではありません。
とくに八王子市内から来られた方に漠然とではありますが氏照の奥様は松姫だと思っている方が結構います。
氏照は滝山城主の大石定久のもとに幼少のころ養子としてむかえられ、のちに定久の娘の比佐と結婚しています。


■ マムシは出ますか?

イメージ

ときに出てきます。
毎年1回くらいは御主殿跡の広場あたりで捕獲されます。


■ サルは出ますか?

イメージ

しばしば出てきます。
御主殿跡の広場やガイドがスタンバッっている管理棟、さらに駐車場あたりまで出現します。
通常は群れをなし20頭くらいで行動しています。


■ クマは出ますか?

イメージ

八王子城山の山塊では出たという話を聞いたことはありません。
イノシシは出ます。冬季はエサに困り夜間に荒らしまくるというのはよくあります(上の写真)。イノシシも日中は出ません。


■ 自動販売機(飲み物)はありますか?

イメージ

駐車場の入り口、道路をはさんだ向かい側にあります。
もしくは、管理棟前の水道水をご利用下さい。
また、八王子城跡バス停(終点)のロータリーにも自動販売機があります。


■ 山頂下の井戸(坎井:かんせい)の水は飲めますか?

イメージ

飲めません。
城跡のガイドグループがここの水の水質を検査機関に依頼して調査してもらったところ飲料として「不適」との結果が出ています。したがって飲むことはNGです。


■ 氏照公のお墓はどこにありますか?

イメージ

城跡のガイダンス施設の下、200mのところにある石屋さんの下の道を100m直進し左手に、氏照公の墓に登る階段があります。


■ 郷土資料館はどこにありますか?

イメージ

1992-93年(平成4・5年)の発掘調査で見つけ出された出土品の中でベネチア産のレースガラス器が、八王子市郷土資料館に展示されています。
  参 照


■ 滝山城はどこにありますか?

イメージ

氏照は八王子城に移る前、滝山城を居城としていました。滝山城は保存状態も良く国の史跡に指定されています。
  参 照


■ さくら(桜)はきれいなんですか?

イメージ

花見をするようなサクラを期待しているとすれば残念ながらそのようなところはありません。
滝山城址は都立の公園で花見の名所でもありますがここはそうではありません。
ただ4月の上旬から中旬にかけて詰の城から向こう、北高尾山稜一帯は尾根スジにヤマザクラが咲き日本画の世界が展開します。


■ モミジ(紅葉)はきれいなんでしょ?

イメージ

全山紅葉というようなモミジを期待しているとすれば残念ながらそういう感じはありません。
山頂下の八王子神社の周りにもモミジの大木が数本ありますがスポット的です。


■ ここから陣馬山へ行けますか?

イメージ

健脚向きですが行けます。
まず本丸(山頂)下の八王子神社まで登ります。その左手に「陣馬山・高尾山」方面の表示がありこれが登山道の起点になります。


■ ここから高尾山へ行けますか?

イメージ

この質問はかなり多いです。しかし、かなりはピンボケのものです。
裏高尾(旧甲州街道)までならまともな質問で「OK」となります。
城跡管理棟前から富士見台を経由し旧甲州街道の「荒井バス停」や「駒木野」までというのは人気のコースです。